プラン/料金

著作物存在事実証明

「著作物存在事実証明」とは、あなたが創作した著作物について、行政書士自らがその実物を確認し、当該著作物が存在している事実を証明するとともに、行政書士法に基づき、その証明書類を作成し、確定日付を取得するものです。
具体的には、著作物を密封したうえで、その封筒に証明書を貼り付け、確定日付を取得します。

この手続きには、著作権の専門家である行政書士自身が、あなたの創作した著作物を確認するプロセスが含まれます。
したがって、この手続きを行う過程で、著作権・著作物に関する各種のアドバイスを受けていただくことができます。

具体的には、あなたの創作物が著作物であるかどうか、より強力に著作物を保護するためどのようなことを行えばよいか、などです。

言い換えれば、本手続きは、著作物に関するアドバイス+創作日付確定+対外アピールとしてのツールを兼ね備えたものであるといえます。

存在事実証明を受けられましたら、是非、Copyright表示とともに、「存在事実証明済」の旨、 および日本著作権機構が付与した許諾行政書士の番号を表示されることを推奨いたします。
著作権保護の対策済の旨を表示することで、権利侵害予防の効果が期待されます。

著作物存在事実証明

料金

31,500円より


Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.